店舗デザインの土台!店舗コンセプトの大切さ

店舗コンセプトの重要性

新しい店舗をデザインする上で重要なのが、どんなコンセプトで設計するかです。店を開く上での条件としては、出店する場所を第一とするか、店の広さを優先するかで、店舗の設計は異なります。また、ターゲットをどこに絞るかでも、店舗のデザインなどは違ってくるわけです。コンセプトとは店舗の根底を決定する土台のようなもので、時間をかけて慎重に考案することが大事です。有名なフランチャイズ店などは、共通のコンセプトがあるからこそ、どの店に入っても消費者は安心してサービスが受けられるわけです。

企業の起業理念に相当

店舗に必要なコンセプトは、企業でいうところの起業理念に相当するもので、揺るがない基本方針とも言えます。そこから全体的な店の雰囲気が醸し出され、店のデザインにも統一感が生まれるわけです。例えば、価格の安い店を目指すのであれば、あまり豪華な内外装は必要ありません。分相応の内装の方が、消費者も安心するものです。一方、高級路線でいくのであれば、それなりに店舗デザインに凝る必要があると言えます。

指標として掲げる意味

店舗のデザインは、店が消費者に提供する価値を具現化したもので、短い言葉でコンセプトとして掲げることが大事です。また、従業員が多い店では、朝礼などでその指標を再確認することが、士気を高めることにもなります。また、スタッフの制服なども、コンセプトに適ったデザインにするのが良いと言えます。店のデザインと共に、スタッフの志が一致していれば、消費者は居心地良さを感じてくれるものです。

内装デザインはターゲット層を考慮して設計すると良いです。居心地の良い空間はリピーターの確保に繋がります。

You Might Also Like