家を購入するのではなく安い賃貸物件を渡り歩くという生き方もある

家を購入することのデメリット

家賃相場の高い都会に住んでいる人の中には、毎月高い家賃を払い続けるのはもったいないという事で家の購入を考える人が多いという事は有名な話です。確かに家を購入した場合は、建物の価値がなくなっても土地は自分達のものになる・子供に土地を資産を残せる、といったメリットがあります。ただし、家を買ってしまうという事はずっとその地域に住まなくてはならなくなる事を意味します。近くに家がなければ問題ないものの、分譲物件の場合は隣の家との相性が合わないとストレスを感じながら生きていかねばなりません。また、日本国内にはたくさんの素晴らしい地域があるものの、一つの場所に住み続けていく人生は勿体ないという意見もあります。

全国には家賃が相当安い地域もある

日本は少子化が進む中、栄えている地域とそうでない地域は格差が広がっています。それに応じて過疎化が進むエリアの中には地域全体を通じてなかなか空室が埋まらないため家賃相場が以前より下がっている地域が増加傾向です。そんな中、毎月の家賃がもったいないので家を買うというのではなく、家賃相場が下落傾向の身近な地域内にある安い掘り出し物物件に引っ越すというのも手です。毎月の家賃が安ければ毎月払いつづけても大した金銭的負担にはならないほか、近所の人との相性が合わなければ引っ越してしまえば問題ありません。そして夫婦揃って仕事を引退して仕事場付近に住まなくてもよくなったら、全国の中の住みたかった憧れの場所に移住する事も可能です。移住先の先に飽きてきたらまだ次なる場所に引っ越す形を取れば充実した老後をおくれます。なお、子供に資産を残したい場合は地価が今後上がる事が間違いない地域の土地を購入する形がおすすめです。

江別市の賃貸なら、シングルやファミリー物件が幅広く用意されていて、物件数が豊富で、間取り図と写真画像が満載です。

You Might Also Like