注文住宅の収納に悩む!快適に使える空間にしたい!

収納も良く考えて決めましょう

注文住宅の間取りを考えていると、良く使うリビングやキッチンなどのことで頭が一杯になって、収納は後回しになりがちです。衣類BOXや棚などを購入しようと考えるのもいいのですが、そうなると室内のスペースを圧迫して雰囲気が変わってしまうこともあります。最初から収納もきちんと考えておくと、無駄なくスペースを使うことが出来ます。家族の物を入れるためにたくさん収納を取ろうとするとなんだか収納だらけになってしまうし、広く取ってみても奥のほうにあると面倒で結局しまい込んだままになるということも良くあります。デッドスペースがあれば小さくても活用したり、壁面を利用して飾るような感覚で収納をするというのも出し入れが楽なので便利です。

使うことを考えた収納にしよう

注文住宅は自分たちの意見を取り入れられるのが良いところですが、家族で思いつかない部分も出てくるので後から何か物足りなく感じてしまうこともあります。実例集を参考にするのもいいですし、出来るだけ奥の方にしまうような収納よりは、見せて活用できるような出し入れ簡単な収納にすると管理も楽になります。壁面収納も最近は増えていますが、床下や吊り棚、階段のスペースなどにも収納を確保するようなデザインも多いです。収納を作るときには扉も付けておきたくなりますが、開閉するのも手間がかかってしまうので、見せたりカーテンなどで開け閉めできるように工夫することでもっと使いやすい状態になります。作っただけの収納にならないように考えて、無駄なく配置していきましょう。

愛知県には快適に日常生活を送れる街が数多くあり、定住地としての人気も高いことから、愛知の注文住宅は非常に品質が高く、マイホーム購入者からの評判は上々です。

You Might Also Like