どうやって考える?注文住宅の間取りの考え方

まずは予算とスケジュールを考える

注文住宅で間取りを考える際には、まず具体的な間取りを作る前に予算とスケジュールを考えることが重要です。注文住宅は自分で自由に設計ができるからこそ、あらかじめ予算やスケジュールを決めておかないと、お金をかけすぎたり、いつまでも家を建てることができなかったりします。予算やスケジュールが決まっていると、先の見通しが立つため、間取りを決める際の決断の手助けにもなるでしょう。それらの意味も込めて、予算とスケジュールはあらかじめ決めておきます。

土地や環境に合った間取りを考える

間取りを考える際には、理想だけで考えてはいけません。必ずどの土地に建てるのかを意識しなければなりません。家を建てる場所は、必ずしも平野であったり、家を建てるのに適した土地であったりするとは限らないでしょう。安全な家を建てるために考慮しなければならない事象もいくつかあります。また、家を建てる土地の近くに幹線道路や大型の店舗などがあれば、通りからの人の目などを考えて間取りをしなければなりません。快適に暮らすために、周囲の環境を確かめることは重要です。

三つの動線を考えて間取りを決める

間取りを考える際には三つの動線を意識することが重要です。ひとつは人の動きで、暮らしやすさに直結します。ふたつ目が太陽の動きです。太陽は東から昇り西に沈みますが、この太陽の動きをしっかりと把握しないと、採光性の悪い家になってしまうでしょう。どの部屋をどの位置に持ってくれば採光性が良いのかを考えることが重要です。そして三つ目が、風の動きです。自然の風をうまく取り込めれば、高熱費が大きく減ります。

千葉の注文住宅は2019年の台風15号による大規模停電をうけて、蓄電システムを備えた注文住宅を建てる人が増えています。

You Might Also Like