規模や高さ、マンションのタイプは色々!それぞれの特徴を知って選ぼう

マンションの規模の特徴

ひと口に賃貸マンションと言っても、色んなタイプがあります。規模や高さなどの違いがありますし、それぞれに良い悪いもあるのでポイントを押さえて選びましょう。小規模マンションは、一つの敷地内に立地する単体のマンションで、総戸数は50戸以下が多いです。総戸数が少ないため、管理費が高くなる傾向があります。中規模マンションの総戸数は50戸から200戸程度になり、敷地内に複数棟建つこともあります。100戸以上のマンションは共用施設がある場合もあります。大規模マンションは、200戸以上の総戸数で管理費が安くなる傾向があります。敷地内は単体や複数棟建ち、公園や遊技場、キッズルームなどの家族向けの施設が充実していることが多いです。

マンションの高さの特徴

マンションの特徴は、3階建て以下で、高層建物の建設が禁止されるエリアに立地していることも多く、そういう場所は一戸建てなどの閑静な住宅街で環境が良いです。エレベーターの設備が無い場合もあります。4階から5階程度の中層マンションの場合も、低層マンションと同じような環境下で暮らせることが期待できます。エレベーターの設備が無いマンションは、上階ほど家賃が安くなります。高層マンションは、20階以上の超高層の建物も存在し、上の階に行くほど眺望や日当たり、風通しが良くなります。ジムやプールなどの共有施設が入っていることも多いです。建物の規模や高さにより、住環境は異なるため、それぞれの特徴を捉えてベストな選択をしましょう。

月々の家賃を抑えて賃貸物件を借りて生活したいなら江別の賃貸マンションや賃貸アパートがおすすめで、過ごしやすいです。

You Might Also Like