あれは失敗だった!最も重視したい賃貸住宅選び

周りの環境をしっかりと見ておく

物件を選ぶ際に、間取りや最寄り駅までの距離を重点的に見ておきたくなりますよね。それらを見ておく事も重要ですが、つい見落としてしまいがちな周辺環境も同時に見ておきましょう。例えば最寄り駅まで近いと、通勤や通学がとても便利と考えてしまいます。しかし実際に住んでみると駅から近いため人通りも多く、夜遅くまで人の話し声が聞こえてきます。すると睡眠に影響が出てくるため、事前に調べておく事はとても大切です。

部屋の設備をしっかりと調べておこう

部屋を見学した際に、間取りや部屋の広さ、立地条件も言うことがないくらい気に入った場合、すぐに決めてしまいたくなりますよね。しかしもう一つ見て置いて欲しい所は、部屋の設備です。忘れがちな細かい部分ですが、生活してみると不便に思えてきます。例えばロフトに憧れていたけれど、実際に住んでみると上に登って行くのが面倒になり、つい下で寝てしまいロフトを使わなくなったと言う事もあります。事前に住んだ後の事をイメージしながら物件選びをしましょう。

払える家賃を考えて!

どれだけ気に入った物件でも、家賃が払えなくなっていては本末転倒です。家賃の目安としては、給料の手取りの約3分の1が無理をしないで支払っていける金額です。はじめは少しの予算オーバーでも大丈夫だろうと考えていても、次第に家賃を払っていくのがしんどくなってきます。事前にこれなら大丈夫と言える予算を出しておくのが安心です。また、学生など一人暮らしを始めようと考えている方は、親などにしっかりと相談をして物件を選ぶのがいいでしょう。

赤レンガ倉庫やガラス細工の港町。この一文に心魅かれるならば、小樽の賃貸はいかかですか。おとぎ話の一幕のような街並みでの暮らしを堪能できることでしょう。

You Might Also Like